開扉の辭

   ねがわくは

   句と歌と詩の言葉が

   草ほどの光栄を纏うて

   われらが書の藏に

   入らんことを